XKeymacsはEmacsのようなキー割り当てを、Windows上のアプリケーションで実現します。アプリケーションごとにキー割り当てを変更することもできます。

このソフトウェアは以前大石さんが開発していたものです。長い間開発が止まっていたため、彼の同意を得て私が開発を引き継ぎました。

このソフトウェアはフリーソフトウェアです。あなたはこれを、Free Software Foundationによって発行されたGNU General Public License(バージョン2か、希望によってはそれ以降のバージョンのうちどれか)の定める条件の下で再頒布または改変することができます。

ダウンロード

リリースバージョン

64bit版をのぞくWindows 95以降のすべてのWindowsで動作します。Windows Vista/7では、キボードレイアウトの変更や設定の書き出しと取り込みができません。

xkeymacs348.zip 変更履歴

次のリリースのためのスナップショットバージョン

64bit版を含むWindows XP以降のWindowsで動作します。まだWindows Vista/7では、キボードレイアウトの変更や設定の書き出しと取り込みができません。

xkeymacs-110830.zip

スナップショットをテストするときには、"ログオン時に実行"オプションを外してください。"ログオン時に実行"オプションを指定して、致命的なトラブルがあったときにはセーフモードを使ってXKeymacsの実行を止めてください。

古いバージョンのXKeymacsを終了させて新しいバージョンを実行するときには、古いバージョンを終了したあとに必ずログオンし直すか再起動してください。そうしないとアプリケーションがすべてクラッシュします。

xkeymacs-110814からの変更点
- 32bitのアプリケーションでC-kに時間が掛かる。
- Google ChromeでXKeymacsが機能しなくなることがあるバグの修正。
バージョン3.48からの変更点
- 64bit版のWindowsをサポート。
- Windows 7でコンソールアプリケーションが正しく扱えないバグを修正。
- Internet Explorer 7以降でテキストエリアがダイアログボックス扱いになる
  バグを修正。
- Visual StudioでC-gを押すとCtrlが離されるバグを修正。
- Visual Studioでインクリメンタルサーチが動かないバグを修正。
- Visual Studio 2010で初回のM-fやM-vなどが機能しないバグを修正。
- Internet ExplorerでM-dが動かないバグを修正。
- Visual Studioでマークのキャンセルが効かないバグを修正。
- プロパティダイアログでアプリケーションの設定を標準の設定に戻しても、
  それが保存されないバグを修正。
- 検索ダイアログでIMEで入力後に勝手にVK_ENDが入力されるバグを修正。
- "で囲んで定義したオリジナルコマンドが機能しないバグを修正。
- etcディレクトリや空のファイルを作らないようにする。
- Eclipseでインクリメンタルサーチをサポート。
- Notepad++で前方向のインクリメンタルサーチをサポート。
- プロパティダイアログが利用可能なIMMのIMEを全部と、TSFのIMEをどれか
  一つ表示するようにする。
- Firefoxでマークのキャンセルがうまく動かないバグを修正。
- いくつかの機能はまだWindows 7で動きません。

すべてのバージョン

ソースコード

以下のGitリポジトリのどちらからでもソースコードを取得できます。

OSDN / Github

Visual C++ 2010 ExpressとWindows Driver Kit (WDK) 7.1.0Windows SDK 7.1を用いるとバイナリをビルドできます。Visual Studio 2010でビルドする際にはWDKをインストールしないでください。

メーリングリスト

xkeymacs-user-jaでは一般的な話題、たとえば質問やバグ報告や要望などを扱います。新しいバージョンは、このメーリングリストでアナウンスします。

もしXKeymacsの開発に興味があるのなら、xkeymacs-dev-jaに参加してください。

問題追跡システム

問題追跡システム(Issue Tracking System)もあります。こちらのほうが良ければ、メーリングリストにバグ報告や要望を出す代わりに、このシステムにチケットを登録してください。

藤枝 和宏<fujieda@users.osdn.me>